ネット予約

お問い合わせ

 

入れ歯

歯を失ったままにしているとどうなる?

歯を失ったままにしているとどうなる?

“1本くらい歯がなくても平気”。そう思って適切な処置をしないままでいると、歯だけでなく顔全体や顎・消化器官にも悪影響を及ぼします。

悪影響が出てしまうと快適に生活が送れないうえ、失った歯と悪影響が出ている部分の治療をする必要があり時間・お金がかかります。歯を失ったら、できるだけ早急に入れ歯などを使って歯を補いましょう。

歯を失ったまま放置すると…

噛み合う歯が伸び出てくる、失った隣の歯が傾いてくる

  • 歯並びが悪くなり、噛み合せのバランスが悪くなる
  • 他の歯に負担がかかる
  • 噛み合せのバランスが悪いまま噛み続けることで、顎関節症になる可能性がある

噛み合せのバランスが悪くなり、噛む力が低下

  • 食べ物がきちんと噛み砕かれないため、消化器官に負担がかかる
  • 顔の筋力が低下し、シワ・たるみ・頬下がりの原因に

保険の入れ歯と自費の入れ歯のちがい

保険の入れ歯は“必要最低限の原状回復”を目的としていますので、見た目・使用感に劣る面があります。一方、自費の入れ歯は患者さんの好みに合わせて見た目・使用感にこだわることができます。

見た目・使用感にこだわると『素材』・『製作時間』にちがいが生まれ、その結果、費用に大きなちがいが出てきます。

保険 自費
素材
  • 床:プラスチック
  • 歯:プラスチック
  • 留め具:金属
  • 床:プラスチックもしくは金属
  • 歯:セラミック
  • 留め具:ノンクラスプ
制作期間 2週間~1ヶ月かかります。 製作工程は必要最低限の時間で行い、完成後に調整を行うことでフィットさせる入れ歯です。 1ヶ月程かかります。 型採りや噛み合わせなどの製作工程は精密に時間をかけて行い、完成後の調整が少なく最初からフィットした入れ歯です。
メリット
  • 保険適用のため費用が安い
  • 床が薄くて違和感が少ない
  • 人工歯の審美性がよい
  • 床の審美性がよい
  • 熱伝導率がよく食事がおいしい
  • 入れ歯の種類が豊富

入れ歯のご紹介

保険の入れ歯

保険の入れ歯

製作時間が短く、費用を抑えた入れ歯です。

自費の入れ歯

金属床の入れ歯

金属床の入れ歯

薄くて強度があり、食べ物の温度がわかる入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

留め具を使用しない目立ちにくい部分入れ歯です。

入れ歯の費用

ノンクラスプデンチャー (片顎) ¥50,000
(4歯以上) ¥100,000
金属床 (片顎) ¥200,000
(全顎) ¥400,000

ご相談・ご予約はこちらから

あなたに合わせてお話します

ロゴ:歯のキャラクターイラスト

治療に対する希望を丁寧に聞いてもらいたい

いきなり治療されるのは怖い…

ずっと歯医者さんに行ってなく治療が不安…

まずはしっかりとお話を聞きます。
ご相談だけでも大歓迎です。
おひとりお一人がベストな選択ができるよう
サポートします。

お電話でのご予約・お問い合わせ

045-263-8117

ページトップへ